私がひきこもり生活を脱出するために実践した12個の方法!

ひきこもりになってしまう原因って色々あると思いますが、ひきこもりから抜け出せずに辛いと思いをしている人も多いことと思います。

そんなわたしもひきこもり経験者です。ひきこもりを完全に脱却できたとは言えないけれど、今回ご紹介する12の方法を実践することで外に出られるようになりました!

なので今回は、辛いひきこもり生活を送っている人や、ひきこもりを抜け出したい!と思っている人に向けての記事になります!

スポンサーリンク

辛いひきこもり生活を脱出するための12の方法

ひきこもりから抜け出せず方法はズバリ生活リズムを整えること。

こらからご紹介する「辛いひきこもり生活を脱出するための12の方法」を実践すれば、生活リズムも整うし、必ず辛いひきこもり生活から抜け出すことができますよ。

辛い引きこもり生活を脱出するための12の方法
1.規則正しい生活を送ろう

2.カーテンを開けよう

3.朝昼晩しっかり食べよう

4.布団を干そう

5.お風呂には1日2回入ろう

6.筋トレしよう

7.部屋を掃除しよう

8.窓を開けて部屋に風を通そう

9.知り合いのSNSは見ないでおこう

10.近所の人に挨拶しよう

11.ブログを書こう

12.趣味を持とう

 

👆私もこれをやって、ほぼひきこもりから抜け出すことができたので、ひきこもりの真っ只中にいる人たちの参考になればと思います!

12の行動は、無理してやろうとは言いません。少しづつ、1つづつでも良いからゆっくりとやっていきましょう。

 

それでは見ていきましょーう!👇

1.規則正しい生活を送ろう

ひきこもり生活では昼夜逆転生活になってしまう。私もなりました。夜に一睡もできないなんてことが何回も…あったかな。

 

それはお昼に寝てるからっていう単純な話でした。ひきこもり生活ではお昼は基本ひきこもりだから、家でやることといえば寝ることくらいしかない。だから夜はピンピンしてしまいます。

夜寝れるようにするには、お昼に活動すること。

「じゃあお昼に何をすれば良いの?」「部屋の中でも活動できるの?」ってことを👇で見ていこう。

2.カーテンを開けて太陽を浴びよう

ひきこもり生活ではシャッターは閉じたまま、カーテンも閉じたままで薄暗い部屋の中で生活することが多い。つまり1日中太陽の光をちゃんと浴びないで1日が終わるってこともザラです。

 

だけど、人間は太陽に当たらなければいけません。
太陽には、セロトニンが作られるという効果があります。

 

セロトニンは、脳の物質で分泌されると精神が安定したり幸福を感じやすくする効果があるんだそうです!

朝は脳を活性化させるためにもカーテンを開けて光を浴びましょう。そうすれば夜はちゃんと寝易くなりますよ。

太陽の光を浴びるって、大切。
せっかく晴れている日は、お昼はちゃんとカーテンを開けること。そうすれば、朝昼晩の区別がしっかりとついた規則正しい生活を送れます。

3.朝昼晩しっかりと食べよう

ひきこもり生活なら、決まった時間にしっかりとご飯を食べよう。

ひきこもり生活になると、暴飲暴食をしてしまったり偏食になってしまったりすると思う。そうなると栄養が偏って太ってしまったり、逆に痩せちゃうなんてことも。

ひきこもりであれ、朝昼晩にちゃんと食べることが超重要。

 

朝8時、昼12時、夜7時 という風に、ご飯の時間を決めておこう。

 

4.布団を干そう

ひきこもりにとって、布団はお城です。ひきこもり生活には絶対に欠かせないものだからです。

布団を干すことで、寝たきり生活から自分を追い出すことができるんです。

 

そして、ひきこもり中は布団の上で寝て、布団の上でご飯を食べて、布団の上でゲームをする…っていう風に過ごしていたら寝たきりの生活になっちゃうから健康面にも宜しくないし、布団に「カビ」が生えちゃいます。私も生えちゃってました。

 

1週間に2回くらい、立ち上がって布団をベランダや外に干しましょう。

運動になるし、陽を浴びるっていう点でも効果的です。

あと、やっぱり布団を干すと気持ち良いし、衛生面でも綺麗だから気分もスッキリしますよ!

5.お風呂には1日2回入ろう

お風呂は新陳代謝を良くする効果があります。

あと、水で洗うって、「汚れを落とす」っていう効果も含まれていて心理的にも効果的なんですよ。手が汚れたら水で綺麗にするように、心身がしんどくなったらシャワーで全身を洗っちゃえばOKなのです。

お風呂はできれば朝と晩、1日に2回入ろう。

 

とってもスッキリするし、体もぽかぽか温まって気持ちが良いですよ!

6.筋トレしよう

ひきこもり生活を送っていると汗をかくことがありません。だから新陳代謝が促進されなくて、イライラしちゃうこともあり。

だから運動をして汗をかく必要があるんですが、「家の中でどうやって運動すれば良いの?」って話ですよね。

家の中でできる効果的な運動は、筋トレです。特にスクワットなら自分の体だけでできちゃうので特別なグッズはいりません。

筋トレは血流を良くするし、体もポカポカしますよ。毎日やっていると筋肉もつきます。

筋トレをやりすぎたら筋肉痛は痛いけど、その痛さも筋肉に効いてるんだなぁと思うと気持ちが良いですよ!

7.部屋を掃除しよう

ひきこもり生活は、部屋の中が散らばってしまうもの。「部屋の乱れは心の乱れ」っていわれています。

たしかに、私も心が乱れてる時は部屋が散らかっています。

なので、部屋をしっかりと片付けよう。

あとは掃除機で掃除したり、コロコロを使ってぬのマットや布団のホコリを取るのも良いですね。必然的に動くことになるので、体もポカポカしてきます。それに部屋が綺麗になるので、とっても気分も良くなりますよ♪

 

嘘だと思ったら、床を拭いたりしてみてください!とっても気分が良くなります。

部屋が片付くと気持ちもスッキリしますよ!

8.窓を開けて風を通そう

窓を開けて風を通そう。ひきこもり生活では部屋の中の空気が淀みがち。ずーっと家の中にいたら外の風を感じることもないからどんよりしちゃうもの。

空気の入れ替えも兼ねて、1日に何時間か窓を開けておこう。
部屋の中の淀んだ空気を入れ替えて気持ちもリフレッシュ出来ちゃいますよ。

9.知り合いのSNSは見ないでおこう

リア充うぇーい!みたいな人のSNSは見ないでおこう。だめよ、絶対…!

 

自分と比べて劣等感を持っちゃうし、精神的にもよくないからです。

まあ、SNSなんてみんな自分の良いところばかり出してるだけで、リアルの辛いこととかはあまり発信してないです。

だから、そんなのに囚われなくても大丈夫。できれば見ない方が良いですね。

10.近所の人に挨拶しよう

「あそこの〇〇さん、ひきこもりだって。」とか噂されてる可能性、あります。

だけどコソコソとした生活を送っていると余計に変に見られちゃいます。

だから万が一近所の人に出会したとき、全力で挨拶をしましょう。

大きな声で、元気よく!ひきこもり生活がどうした!っていう気持ちで挨拶しましょう。

引きこもり生活で近所の人にどう思われているかなんて気にしなくても大丈夫です。

あと、やっぱり人に会うことは大切です。無理して会わなくても大丈夫ですが、会ったら挨拶してみましょう。それだけで心の中で何かが解放されたような気持ちになります。

11.ブログを書こう

その日、どんな気持ちでどんな風に過ごしたか日記をつけておこう。このご時世ならiPhoneのメモとかにもかけると思う。文字を書くことはストレス発散にもなるし、健康面にも良いって研究されてるみたいなんだ。

ただ日記をつけるだけでも良いんだけど、せっかくならブログに書いて発信してみませんか?

私もこんな感じでブログを書いていますが、ブログは日記にもなるし、自分の状況を発信したりするから心も整理されます。

 

私もひきこもり生活でブログを始めたけど、初めて良かったなぁって思ってます。

ひきこもりとブログは相性抜群。
是非初めて見て欲しい!

12.趣味を持とう

ひきこもってる家の中でもできる楽しい趣味を見つけよう。

部屋の中でもできるオススメの趣味
読書、ゲーム、アニメ鑑賞、映画鑑賞
筋トレ、ヨガ

娯楽って人生においてやっぱり必要で、自分の趣味を持つことで充実するし、毎日が楽しいって思えますよ!

スポンサーリンク

ひきこもりで外に出にくい時は、天気が悪い日に外に出よう

ひきこもりから脱出するために大切なことを紹介してきましたが、いきなりひきこもり生活から脱出できるかといえば難しい。

 

それは、「誰から変だと思われているかも」っていう心理が働くから。

 

私のお勧めは「天気の悪い日は外に出てみる」ってことから初めて見るのはどうかな、と思います。

雨が降っている時は傘をさせば顔が隠れて見えないし、誰かわかりません。

雨の日や天気が悪い日は外に出て外の空気を吸ってみて欲しいな、と思います。

 

わたしも雨は結構好きです。雨って静かで落ち着くんですよね。
スポンサーリンク

最後に

今回ご紹介した全部をいっぺんにやろう!とは言いません。ですが少しづつこなしていくことで、自然と心も体もリフレッシュしていくことができるはず。

どれも少しづつやれば大丈夫です!ひきこもりを経験して脱出できた身として、応援しています。

スポンサーリンク