大学生の私がSNSを辞めたメリット!【スッキリ&毎日が快適に?】

こんにちは!ハルです!大学生の諸君、SNS疲れしてないかい?
今回は、"大学生の私が、SNSを辞めてみた"という記事です。

大学1回生の頃は「とにかくSNSで人と繋がって友だちを作りまくれ!」という風潮があったので、SNSをやっていました。

 

だけどその後リア友と繋がっていたTwitter・LINE・Instagramを全て辞めて、大学生活を3年間送ってきました。

 

 

そうさ、ハルに怖いものは何もない。SNSに疲れたら辞めれば?っていう考え方なのだ。

 

強引すぎるだろう?だけどこれがめっちゃ良いメリットをもたらしてくれているんですよね。

 

この記事の内容
私がSNSを辞めたきっかけ 

SNSを辞めてみたメリットとデメリット

SNSを辞めたいと思っている大学生へ伝えたいこと

 

こんな内容で記事を書いていきたいと思います。経験論に基づいて書いていきます。

 

現在、SNSをやめたいな、と思ってる大学生の参考になれば良いなぁ!

SNSを辞めたきっかけ

私がSNSを辞めたいと思ったきっかけは以下の通りです。

 

共感してもらえる部分もあるんじゃないでしょうか?
SNSを辞めようと思ったきっかけ
  • 毎日返信を返すのがしんどい

  • キラキラ投稿に疲れた

  • 浅い人間関係の縛りから逃れたかった

  • 相手にとって自分は数いる人の中の一人でしかないと思った時に返信するのがバカらしくなってきた

毎日返信を返すのがしんどい

私は基本ゆっくりまったり過ごしたいタイプの人間です。そう、人に一切邪魔をされずに生きたい人間なのです…!

 

「今日はゆっくりしよう」と思っても、スマホにラインで着信が入ると「返信しなくちゃ!」という気持ちが勝ってしまうのでゆっくりできません。つまりストレス。

 

「返信しなくちゃ人間関係が壊れる!」という思いからやり取りを続けてしまい、時間を奪われるのが物凄く嫌でした。

 

そもそもそんな面倒くさがりや&マイペースな私がSNSで多数の希薄な人間関係を築くようになってしまったきっかけは、大学生ならではの「LINE交換しとこ」を断れなかったからだ。

 

「取り敢えずLINEを交換する」風潮、どうにかならないものかねぇ…。

キラキラ投稿に疲れた

キラキラリア充投稿は、見るのも投稿するのもどちらも嫌でした。
キラキラ投稿とは
  • おしゃれなカフェや食べ物
  • 友だちとの楽しそうな写真
  • 旅行やお出かけ先のおしゃれな写真
  • 彼氏と遊びに行った写真

 

こういう内容の投稿は、単なる"自慢"に過ぎないな、と思ったんです。

 

自分の投稿を客観的に見て、「自分がやっていることは承認欲求の現れなんじゃないか?」と思うとなんだか恥ずかしくなってきてしまったんです。

 

SNS上でマウントの取り合い合戦をしてるような気がして「疲れるな…」と思ってしまったんですよね。

 

大切な思い出は誰かに見せびらかす必要はありません。

 

キラキラ投稿する人はよっぽどの自己承認欲求の塊か、SNS上でマウント取りたいかのどっちかです。

 

大切な思い出は、公にせずに胸の中に秘めておくだけで十分なのです!

浅い人間関係の縛りから逃れたかった

TwitterやInstagram、LINEなどのSNSは不特定多数の人と繋がれるので、1度しか会った事がない人などがフォロワーに居ることに違和感を覚えました。

 

私はこの人のことを知っているけど、遊びに行ったこともないしあまり喋らない。なのになぜお互いにフォロー(連絡先登録)しているのだろうか?

 

という疑問がありました。そんな人たちがLINEやTwitterにたくさん登録されていたのです。

 

関係を切れば良いのに切れなかったのは、自分の中でスマホの画面を見て"一人じゃないっていう安心感"を覚えていたからです。

 

だけどSNSで繋がれているだけなので、その人たちは到底友だちとは呼べません。

 

中には話したこともない人が紛れたりしていて、違和感を覚えましたね。

 

これらの浅い人間関係を一度スパッと切ってしまうことでスッキリできるのではないか?と思ったんです。

相手にとって自分は数いる人の中の一人でしかない

SNSでは多くの人とやり取りをすることになるでしょう。LINEなら、1度に何件もの返事を同時に送ることだってありますよね?

 

「どうすれば相手に思いが伝わるだろう」って考えながらLINEの返信を考えてたんですが、

 

相手にとって私の存在は、数いる人の中の一人でしかないな、と気がついたのです。

 

そう思うとSNSでのやり取りがバカらしくなったと同時に、ちょっと寂しくなりましたね。

 

「あー、こんなのに時間割いてる自分アホらし。」ってなりました。

大学生がSNSを辞めたメリット

SNSを辞めてみたら大学生活が超快適になりましたよ!

 

大学在学中にSNSを思い切って辞めてみたら、メリットが生まれたのでお伝えしていきます!
大学生がSNSを辞めたメリット
  • 有意義な時間が増えた

  • 浅い人間関係がなくなった

  • 要らない情報が入ってこなくなった

有意義な時間が増えた

SNSに費やしていた時間は、大学生活の1日の半分以上でした(笑)

 

その時間が一気に無くなったので、SNSに費やしていた時間の重要性を身に染みて感じるようになりましたね。

 

SNSを辞めてからはスマホを触るにしてもクラウドソーシングやってるし、ブログ書いてるし、スマホで本読んでるし、スマホで勉強するようになりました。

 

つまり、スマホを触るにしても何かしら自分のタメになる事を作業してますね。

 

同じスマホでも使い方によっては有意義に活用する事ができるんです。

 

 

これらはSNSと違って依存にはならないし、自分のペースでやろうと思った時にできるのは嬉しいですね。

 

SNSから離れたことによって、スキルアップの時間を確保することができました!

浅い関係がなくなった

一度しか喋ったことないのに繋がってる人、そこまで仲良くない人などとの関係がSNSを退会したことによってスッキリしました。

 

SNSを実際にやめてみたら、これまでSNSだけで繋がっていた人たちと、「あれ、リアルで全く合わないし全く喋らないじゃん」って実感するんですよね。

要らない情報が入ってこなくなった

これまではSNSで色んな人のキラキラ投稿を見て自分に劣等感を抱いちゃったり病んだりしてしまってました。

 

でもね、限られた大切な時間をSNSに使うなんてもったいなさすぎる…!

 

そういうキラキラ投稿に触れる機会がなくなった分、自分の人生だけに向き合う事ができるようになりました。

 

 

正直、SNSでよく見られるキラキラ投稿なんて自分にとっては要らない情報だと思うので遮断しちゃってOKです!

大学生がSNSを辞めたデメリット

SNSを辞めることにはメリットがたくさんですが、同時にちょっとしたデメリットもあるので紹介していきます。

交友関係が狭まった

SNSを辞めただけで、SNSをやっていた時以上に関係が希薄になる風潮があると思います。

 

特にLINEはグループから脱退すると「〇〇さんが退出しました」とか出ちゃいますもんね。

 

これまでは「フォロー外したらどう思われるのかな?」とか思うのが嫌でしたが、SNS自体を退会したらもう気にしなくても良いのです。

 

大学生がSNSを辞めるデメリットとしては正直、「交友関係が狭まる」くらいかなぁと思います。

 

ま、SNS辞めたくらいで狭まる交友関係ならその程度だったということですよね。

大学生でSNSに疲れて辞めたいなら、辞めても良いと思う

SNSを辞めたいと思ったなら辞めてしまって良いと思います。
だって辛い思いしてまで無理して続けるものではないからです。
人生において必要なものでもありません!

私は大学1回生の秋頃という段階で、LINE、Twitter、Instagramの全てを辞めたわけですが、大学生活において少なくとも後悔はしていません!

 

後悔どころが自分の時間もできて、好きなことをして過ごして有意義な毎日を送れたので、寧ろ退会して良かったなぁと思っています。

 

大学生のみなさん。

 

辛い思いをしてまでSNSに縛られる必要はありません。SNSは所詮、SNSです。囚われすぎなくても良いんじゃないでしょうか?

 

SNSに疲れている大学生は「SNSを辞めたい、疲れた」と感じたこの機会に思い切って退会するか、少し距離を置いてみてはいかがでしょうか!?