大学生はクラウドソーシングを始めるべき!月5万円も可能です

大学生のお金稼ぎといえば、アルバイトだと思います。クラウドソーシングってあまり聞かないのではないだろうか。

 

・クラウドソーシングってなに?・大学生だけどクラウドソーシングやってみたいな・だけどなんとなく怪しそうだから手が出せない…

こう思ってる大学生が多いと思います。

 

安心してください。クラウドソーシングって国が承認してるものなんですよ!

 

私も大学生ですが、クラウドソーシングで稼げちゃってます!↓

 

約4ヶ月やった結果ですが、所々ちゃんとやってなかったのでこの報酬額です…。

 

ちゃんとやれば大学生でも月5万まで到達できます!個人的に、大学生とクラウドソーシングは相性抜群だと思ってるのですよ。

 

ってことで今回は実際にクラウドソーシングで稼いでいる現役大学生が、クラウドソーシングの魅力を紹介するとともに、大学生が今すぐクラウドワークスを始めるべき理由について紹介していきます!

スポンサーリンク

大学生にオススメ、クラウドソーシングって何?

クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、いわばネット上で不特定多数の人に業務の受発・発注を行うサービスのことです。

 

例えば企業や個人が「データ入力のお仕事を安く発注したいな」と思ったとして、サービスを通してインターネット上で募集をかけたとします。

 

そのお仕事を「やってみよう!」と思った人たちが応募し、受け持ちます。仕事が完成したら依頼主に提出して、検収でOKが出れば報酬としてお金を貰える仕組みです。

 

気になるクラウドソーシングのお仕事内容は、質問・アンケートという簡単なものから、ライティング・記事作成プログラミング・アプリ開発YouTubeの動画作成、イラスト作成いった変わったものまで多岐に渡ります!

 

多くのクラウドソーシングサービスは18歳以上から利用可能です!なので大学生や専門学生でもできちゃうって事ですね!

 

クラウドソーシング市場は年々拡大しています。大学生から今から始めるとメリットいっぱい。早い目に初めて慣れておこう。

スポンサーリンク

大学生がクラウドソーシングを始めるメリット

クラウドソーシングとは何か?の疑問は解けたと思います。
ではでは、「大学生はクラウドソーシングを始めた方が絶対に良いよ!」っていう理由を紹介していきます。

①バイト以外でお金稼ぎできる

学生の主な稼ぎ口はアルバイトですよね。
でもアルバイトは企業の下で働いている感が強い。

 

一方のクラウドソーシングの場合は自分で仕事を取ってきて自分で稼いでいるという感覚を実感できます。

 

そしてアルバイトほど時間や規則に縛られている感覚がないからストレス緩めで取り掛かれちゃうのも良い点ですよ!

 

そしてバイトならバイト先に出向かなければいけないけど、クラウドソーシングでは自宅でもできちゃいます。

 

あとは単純に、クラウドソーシングでお金を得ている大学生が少ないということ。みんなバイトをしている中で自分はクラウドソーシングでお金を得られていたら、なんだかカッコ良いですよね♪

②ネット環境があればどこでも作業できる

クラウドソーシングは、ネット環境とパソコン、スマホがあればどこでも作業可能です。

 

クラウドソーシングのお仕事は殆どの場合が時給制ではなく成果物によって報酬が発生するので、納期までに完了して提出できれば良いとの理由から、忙しい大学生が時間に縛られることもありません。

 

特にライティング・記事作成のお仕事は執筆して提出できたら良いので、ネット環境さえあればどこでも手軽に文字が書けちゃって提出できちゃうのですよ。

 

大学生なら空きコマや、通学時間、極端な話、授業中でもライティング・記事作成の作業ができちゃうのです…!

 

つまり、大学の空き時間にお金稼ぎができちゃうってことです。

 

 

普通の大学生なら大学の講義が終わったらバイトに行ってお金稼ぎする人が殆どですが、クラウドソーシングをやってると大学にいる間もお金稼ぎできちゃいますね。つまり大学生とクラウドソーシングは相性抜群!

 

ネット環境があればいつでもどこでも作業できてお金稼ぎできちゃうのは、クラウドソーシングの強みですね。

③ネットだから人間関係のストレスがない

アルバイトをしていたら、少なくとも人間関係で悩むことってあると思うんです。こんなことありませんか?

  • 上司に怒られる
  • 人間関係によるストレス
  • お客さんから理不尽なお叱りや苦情

 

上記のような嫌な人間関係のストレスは、アルバイトをしていたら付き物だし不可避ですよね。

 

だけどクラウドソーシングは基本的にネット上でメッセージでクライアントさんとやりとりします。相手の顔が見えない分、アルバイトほど人間関係のストレスに悩まされることはないでしょう!

 

 

稀にスカイプを使うこともありますが、ネット上なので気が楽ですね。

 

もちろん、間違えたことをしたりするとお叱りの連絡が来ることがありますが、顔が見えない分、直接言われるよりは怖くないですよね。

④Webのスキルを身に付けられる

Webのスキルを磨くことができるのも、クラウドソーシングのメリットです!

 

クラウドソーシングを始める場合、プログラミングなどの特別なスキルがない限りは、主にライティング・記事作成が中心になってくるでしょう。

 

クラウドソーシングで稼いでいる多くの人が、ライティング・記事作成(ライター)のお仕事ですね。

 

クライアントさんが運営するブログの記事作成を手伝ったりなどWebライターとして活動することになるので、記事作成・ライティングスキルが自然と身に付いていきます。

 

記事作成なら、クライアントさんによってはWordPressを使う機会もあると思うので、操作を覚えて仕舞えば自分のブログを運営するときなどに生かせますよね!

 

クラウドソーシングで得られる知識で自分でブログを運営していくこともできるし、将来的に「フリーランス」として生きていく選択肢ができる可能性もあります。

 

実際に学生時代にクラウドソーシングを始めて、WEBスキルを付けてブロガーなどとして独立したフリーランスの人もたくさんいます。それは、クラウドソーシングでスキルを身につけることができたからなんですよね。

 

これからは在宅ワークの時代とも言われている時代です!クラウドソーシングで稼ぐ術を身に付けておくと、少なくとも将来的に何かしら役に立つことは間違いありません!

スポンサーリンク

大学生がクラウドワークスを始めるデメリット


こんなに学生にとってメリットいっぱいのクラウドソーシングですが、一方で多少のデメリットもあるのでお知らせしておきます!

①基本的にアルバイトよりも収入は低くなる

クラウドソーシングで得られる収入は、基本的に普通にアルバイトをするよりも低くなってしまいます。

 

アルバイトで月5万稼げていたとしたら、クラウドソーシングでは月1万とかになるでしょう。

 

だけど、これは完全な初心者から初めたらの話です。最初のうちは収入も少なくて当たり前ですが、実績を積んでスキルを磨いていけば、大学生でもクラウドソーシングだけでアルバイトよりも稼げた(月10万〜)人もたくさんいますよ!

 

アルバイトの方が絶対に稼げます。だけどクラウドソーシングをこなしていくと、アルバイトよりも稼げるようになる可能性も十分にあります。

 

②アルバイトと両立しにくい

クラウドソーシングは、1件こなすのにとても時間がかかります。

 

例えば2000字の記事作成なら、1時間から3時間など人によってさまざまですがそれなりの時間は費やしますね。

 

時間が少ない学生が1日に2時間、毎日のように作業して、月に4万円ほどを稼げるような感覚です。

 

なのでアルバイトと一緒にクラウドソーシングをやってみようと思っている学生には時間的な余裕の面で多少キツイかもしれません。

 

クラウドワークス1つと決めて、とことん追求して行った方が良さそうです。

③報酬から手数料が引かれる

クラウドソーシングは、手数料(システム手数料・振り込み手数料)とかいう制度があります。つまり報酬から手数料が引かれてしまうんです。

 

これは正直かなりデカい…。

 

報酬の2%〜20%とか引かれるので、正直「取りすぎだろ!」って思いますね。

 

アルバイトをしてたら働いたら働いた分報酬になりますが、クラウドソーシングの手数料制度は手数料を引かれるので「せっかく働いた分からこんなに取られるの!?」ってちょっと切なくなりすね…。

 

でもシステム手数料とか言われれば仕方がない。クラウドソーシング側だって稼がないといけないので…ちょっと納得?

自分でクライアントを選別する必要がある

クラウドソーシングには残念ながら、悪質なクライアントも紛れ込んでいます。

 

悪質なクライアントの仕事を引かないように自分で選別する必要があるんです。

 

まあでもこれは、アルバイトを選ぶ感覚と似てますね。ブラック企業を避けるような感覚です。

大学生におすすめのクラウドソーシング会社3つを紹介

クラウドソーシングにはいろんな会社があります。

 

  • クラウドワークス 
  • Craudia. 
  • ココナラ 
  • Bizseek.
  • shinobiライティング 
  • Sagoooワークス

 

などなど…。

 

中でも、大学生でクラウドソーシングを始めたいと思っている人には以下の3つの会社がおすすめです。ぜひ登録してみてください!

 

大学生におすすめのクラウドソーシング会社3つ
  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

 

これら3つはどれが良いとか悪いとか比較がありますが、初心者のうちは正直どれを始めても大きく変わりはありません。

 

案件も似たり寄ったりです。(ザグーワークスはライティング案件多めかなぁという印象です。)

 

強いて言うならクラウドワークスがオススメ。

 

登録は完全無料なので、全サービス登録しておきましょう!

 

1つのサービスに慣れてきたら、違うサービスも開拓していく方法が良いかもしれません。

 

私もそうやって、徐々にいろんなクラウドソーシングを開拓していってます。

 

大学生におすすめなクラウドソーシングの案件

クラウドソーシングには様々なお仕事のジャンルがあります。

※写真はクラウドワークスの一例です。

 

たくさんあるお仕事の中から、「これは大学生にオススメだよ!」っていうお仕事を紹介していきます。

 

具体的には以下の3つだと思ってます。

大学生にオススメのクラウドソーシングのお仕事内容
①ライティング・記事作成
②質問・アンケート
③イラスト・デザイン
④プログラミング

 

①ライティング・記事作成

最もメジャーなライティング・記事作成が学生にはおすすめです。クラウドソーシング初心者&大学生ならまずはライティング・記事作成から取り掛かりましょう。

 

最初は文字単価0.2円〜0.5円の世界になりますが、実績を積めば文字単価1円以上の案件を獲得できるようになります。初心者の私でも、Webライターとして初月に2万円稼げたので、大丈夫です!

 

誰でも取り掛かりやすいということと、文字を書くことで(書くだけで)報酬を得られるからです。

 

文章執筆能力も上がるし、大学のレポートなんかもスラスラ書けちゃうようになりますよ。ライティング・記事作成はパソコンやスマホがあれば大学内でも作業できちゃうので、大学生には超絶おすすめです。

②質問・アンケート

誰でも取り掛かりやすいのが質問・アンケートです。

 

取り掛かりやすい一方で、1件につき10円から500円など単価も低いものが多く、これだけで稼いでいくのは難しいでしょう。

 

ライティング・記事作成やその他のお仕事と同時進行するのが良いかもしれません!

③イラスト・デザイン

デザインの専門学校や大学に通っている人たちは、イラストやデザイン系の案件を受けてみることをお勧めします。

 

「ココナラ」はイラストの売買で有名なサービスですが、私が知っている範囲内では、その他のクラウドソーシングでも以下のようなイラスト案件がありました。

  • YouTubeの漫画作成
  • LINE漫画風イラスト作成

 

楽しそうですね!これでお金がもらえるってイラスト好きには嬉しい!

 

 

イラスト・デザイン系は作業量が多いので報酬は高めが多いです。私もイラストが描けたら受け持ちたかったですね笑

また、クライアントさんに気に入ってもらえると継続お仕事依頼が来る場合もあります。

 

将来的にイラストやデザインの仕事につきたいと考えている学生にはうってつけの案件ですよ!

④プログラミング

プログラミングのスキルがある大学生は、プログラミングの案件を受けることを超絶お勧めします。

 

なぜならプログラミング案件は他の案件に比べてダントツ報酬が高いからです!

 

理系の大学生にはうってつけです。勉強しながらお金稼ぎできちゃうなんて、めっちゃ良いですよね!

最後に:大学生なら今すぐクラウドソーシング始めてバケモノになろう!

クラウドソーシングを怪しいと思っていた大学生の考えを払拭できたのではないでしょうか!クラウドソーシングは大学生にとってメリットいっぱいでしたね。

 

アルバイトの方が確実に稼げますが、クラウドソーシングはやればやるほど臨界点は必ずあります。

 

18歳以上の学生なら、今すぐクラウドソーシングを始めるべきです。

 

今のうちからインターネットで稼ぐスキルを身につけて、バケモノになりましょう。

 

そしてネットで稼ぐ楽しさをともに味わっていきましょうやないですか!

スポンサーリンク