大学ぼっちの解決方法!2・3回生からでも友だちを作る方法も

・大学ぼっちなんだけど、やっぱり寂しい
・だけど今からどうやって友だち作ろう?

っといった大学ぼっちの人たちへの解決策を提案していきます。
主に大学2年生や3年生などの途中から、大学ぼっちを脱却したい!と思ってる人向けの記事になってるよ。巷では無理ゲーとか言われてるけど、私はそうじゃないと思う。頑張り次第では今からでも友だちを作ることは可能だと思います!

 

スポンサーリンク

大学ぼっちの解決法/行動編

行動によって、大学ぼっちを解決することができます。

大学ぼっちの解決方法/行動編
①少人数のサークルに入る

②少人数の講義を取る

③講義で1人の人に声をかける

④グループワークワークで一緒になった人と仲良くなる

⑤似た雰囲気の人に話しかける

⑥大学近くのアルバイトを始める

 

具体的に1つづつ、紹介していきますね👇

①少人数のサークルに入る

手っ取り早いぼっちの卒業方法は、途中からでもサークルに入ることです。大学のサークルって入れ替わり激しいし、途中からでも全然違和感無いですよ。実際にサークルを転々としてる人もいますし!

 

オススメなのは、「少人数制」のサークルで、「週〇〇回集合」みたいなのが無くて規律が厳しくないサークルが狙い目です。

②少人数の講義を取る

演習やゼミなど、少人数で人と人との距離が近い授業を取ることです。広い大学の中で、人との距離感が近ければその分その分仲良くなれる可能性大ですよ!

 

特に2回生くらいから友だちを作ろうと思ってる人は、ゼミに入りましょう。ゼミは少人数で週に何回も顔を合わせることになるので、一緒に切磋琢磨できる仲間ができること間違いなしです。

③講義で1人の人に声をかける

その人がずっと1人でいる人かを数回確認してから、その人の後ろとかに座ろう。そして声をかける。

声の掛け方
「すみません、シャーペン貸してください」
「教科書忘れちゃったんですけど、小テスト範囲どこでしたっけ?」

 

みたいな感じで話しかけて良いと思います!

私もぼっちで講義室に座ってる時に、実際にそういう風にして後ろの席や前の席の人から話しかけられたことがありましたが、悪い気は全くしなかったし寧ろ嬉しかったですよ。

 

知り合いや友だち作りには、小さなきっかけが超重要!

 

ずっと1人で座ってる人も、本当は誰かから話しかけてくれるのを待ってるのかもしれません。

 

もちろん、無愛想な答えが返ってくることもありますが、それでも大丈夫。思い切ってかけて見ることが大切なんです。もしダメだったら次の人行きましょう!

④グループワークで一緒になった人と仲良くなる

大学生ならグループワークに取り組む機会も多いことと思います。そこで一緒のグループになった人と知り合いになり、仲良くやっていくっていう手もあります。

グループワークの中で会話して知り合いになっておくと、たまたま同じ授業だった時に話しかけやすくなるはず。反対に話しかけてくれる可能性だってあるからね。

グループワークは知り合いを作るチャンス!グループワークという制度を上手く活用しよう。

⑤似た雰囲気の人に話しかける

直感で、「この人自分と雰囲気が似てるな」と思ったら話しかけてみましょう。

 

「友だちを作らなきゃ!」と思ったら合わない人と無理して一緒に過ごすこともあると思います。でもこれではあなたがしんどいし、何も楽しくないはず。なので自分とフィーリングが合いそうな人を直感で見つけて、機会があると話しかけてみましょう。

 

私も比較的大人しい部類なんですが、大人しい女の子に声をかけてみると仲良くなれました。「自分と雰囲気が似てる人」を、講義室やゼミ、サークルの中で見つけてみてください。声をかけられるタイミングで声をかけてみることが大切です!

⑥大学近くのアルバイトを始める

大学近くの飲食店やアパレルなどのアルバイトを始めてみると、驚くほど学生率が高いです。(大学近くだから当たり前ね)
ひょっとすると、同じ学年で同じ学部の人が勤めてる…なんてこともあるかもしれません!

大学外で大学の人と会うことで距離を縮めることもできちゃうかもしれない。アルバイトだから会わなければすぐに辞めてもOKです!

スポンサーリンク

大学ぼっちの解決法/マインド編

次は、マインド編だ。行動編のように、大学ぼっちを「友だちを作る」っていうことで解決するんじゃなくて、考え方やマインドで解決していきます。

大学ぼっちの解決方法/マインド編
①鋼の精神を育てよう
②オンラインゲームで友だちを作って心に余裕を持たせよう 
③大学以外のことを考えよう

 

①鋼のメンタルを育てよう

鋼のメンタルとは?ってことについて説明していきます!

 

「激辛料理を食べ続けていたら激辛への耐久ができた」
「暑い場所でスポーツしていたら鍛えられて暑さに慣れた」

 

こんな感じで、大学ぼっちについても「ずっと大学ぼっちでいたらいつの間にか大学ぼっちでも平気になった」っていう耐久ができるから。育て方は簡単。大学ぼっちの時間を増やして、ただ慣れるだけ。大学ぼっちの人は、鋼の精神を育てよう。

 

大学ぼっちの人へ。今、君が辛いと感じているのはきっと周りを気にしすぎているせいだ。必ず周りなんてどうでもいいって思う日が必ず来る。

 

だけどそう簡単には「大学ぼっちを気にしない」という領域には行きつかないと思う。大学ぼっちの耐久ができるには(大学ぼっちに慣れるには)それなりの時間は要するかもしれない。私の場合は完全にぼっちを気にしなくなるまでの期間は1年だったかな。

 

必ず、ふとした時に「大学ぼっちで良かったー!」って振り切ってるから。辛い料理食べても全く辛さ感じなくなってるから。
実際に、最初の頃はぼっちが辛いと言っていたのに1年や2年経ったらケロッとしてる人が多い。それは多分、上記にも書いたようにぼっちへの耐久ができるからだ!

 

 

大学ぼっちを続けることは、自分のぼっち精神を強くするためには超重要な経験だよ。
あ、そうそう。大学ぼっちの人たちはなぜか、大学辞めたいっていう考えに行きつくんだけど、絶対に大学はやめちゃダメ!!!

 

ぼっちっていう理由だけで辞めるなんてもったいない。人間関係以外にも、大学時代にはもっと楽しみ方があります。

 

②オンラインゲームで友だちを作って心に余裕を持たせよう

ぼっちを乗り換えられなくてますます辛くなるようなら、
オンラインゲームで友だちを作っちゃいましょう。

今やネットを開けば誰かしら、人と繋がれる時代。私もこのやり方に大学時代随分救われたよ。オンラインゲームとはいえ、人と繋がってることには変わりはないからね。

 

私の場合はオンラインゲームで人と繋がりながらも、もちろん、課題もしっかりとやってたからゲームばっかりしていたわけじゃないけどね。

 

……え?インキャっぽいって???

 

いやいや全然インキャじゃないよ!ゲームばかりしている人をインキャって思う風潮を変えなければならないと思うんです!

 

今の時代、eスポーツとかもあるし、ゲームに関する考え方も変わってきてると思う。…話が逸れたけど、大学ぼっちが辛いならゲームで人と繋がろう。

今の時代ならスマホアプリで無料でMMOがプレイできちゃったりするよね。MMOじゃなくたってソシャゲならなんでも良いと思う。

 

あとは、ゲーム用のTwitterアカウントを作成して、ゲーム内の知り合いとSNSで交流したりすることで見える世界は変わってきます。

 

何もオンラインゲームに限らなくてもいいんです。自分の趣味を見つけて、その趣味をSNSで共有して、共感を得る。楽しみを得ること!

 

  • アニメファンと繋がる
  • ジャニーズファンと繋がる
  • ブログを始めてブロガーさん達と交流する…

 

こんな感じでね!
ネットの人間関係のいいところは心の拠り所になるし、現実世界のように面倒臭い人間関係はない。

 

取り敢えず誰かと繋がっていたい。大学ぼっちは寂しい!そんな人には「趣味でネット上の人と繋がる」。そんな人間関係の在り方も悪くないんじゃないかなーって、大学ぼっちを経験して思ったよ!

③大学以外のことを考えよう

大学ばかりに固執しなくても、大学の外の世界に目を向けてみてください。

アルバイトでも、学生団体でも、習い事でも、人と繋がれる場所って絶対あるはず。

大学ぼっちで苦しんでいても、あなたは本当のぼっちではないはず。世界は大学だけじゃないんです。「自分の世界は大学だけじゃないんだ!」っていうマインドって、自分の気持ちを楽にしてくれる。

さっきも紹介したように、オンラインで友だちを作っても良いと思うよ。

スポンサーリンク

大学ぼっちの解決方法/まとめ

大学ぼっちの解決方法について紹介してきました!大学2年、3年になってから友だちを作るのは難しい…って思ってる人への参考になっていたら良いなぁと思います!

大学の友だちづくりに乗り遅れた人でも、諦めなくても大丈夫。上で紹介さてきた解決法をぜひ取り入れてみてね。

 

お読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク